仕事を選ぶ際、仕事内容、給与、通勤時間を重要視しますが、他にも確認しておきたいのが福利厚生です。
この福利厚生とは、給与以外に企業が従業員に提供する報酬やサービスなどを意味しています。
一般的なものが、社会保険制度です。
健康保険、雇用保険、厚生年金などがあり、企業側に費用を一部負担してもらえます。
これは法律で義務付けられているので、ほとんどの企業が行っています。

法律で義務づけられている他に企業が独自で導入している福利厚生も多く、充実している企業ほど働きやすいと考える人も多いです。
例えば、住宅手当です。
企業によって異なっていますが、1万円から数万円支給されます。
住宅手当が支給されれば少しでも家賃を抑えることができたり、マイホームのローン返済に役立てることができるでしょう。
社宅を完備している企業も多くあります。
また最近では、自分に必要なものを選ぶことができる、カフェテリアプランを導入している企業もあります。
必要なものだけを利用することができるので、存在していても全く使うことがなかった、といった事態を避けることができます。

他にも託児所を社内に設けていたり、ベビーシッターの優待、育児休暇などがあります。
現在では、女性の多くが社会で活躍しています。
出産後も仕事を続けたいと希望する女性にとって、育児休暇や託児所がある企業はとても魅力的でしょう。

このように、仕事を選ぶ際、充実している企業を選ぶのも一つの方法です。