看護師にとって家庭と仕事の両立は長く働いていく上で重要な点ですが、仕事が忙しすぎて諦めてしまう人も少なくありません。
特に病院勤務をしていると時間の自由があまりなく、家事をするだけなら頑張れても育児もするようになると負担が大きすぎて無理が生じてしまいがちです。

しかし、その点を考慮した待遇を提供する職場が多くなってきているため、どのような福利厚生を受けられるのかを調べた上で職場を選ぶようにすると問題は解決できます。
今働いている職場にも申請すれば利用できる福利厚生があるにもかかわらず、存在を知らないために利用できていない場合もあるので確認することが大切です。

育児や介護については特に充実した福利厚生を用意している職場が多く、育児手当や介護手当だけでなく、法律で定められている以上の期間の育児休暇や介護休暇を申請できる場合もあります。
また、育児については提携保育園があって優先利用できたり、院内託児所を用意していて自由に利用できる仕組みにしていたりすることも多くなっています。
育児や介護が理由の場合には短時間勤務を認めてもらえる職場もあり、フルタイム勤務という扱いのままで一時的に夕方は早く帰れるようにしてもらうなどの措置を受けられるようになります。
手当があれば家事代行や家政婦サービスなどを利用することで、家事の負担を軽減することが可能です。

このように、家庭と仕事の両立を叶える福利厚生が充実しているかを調べた上で、職場を選ぶことが重要になります。